離乳食が始まると、赤ちゃんのうんちは大きな変化を迎えます。

 

数日便が出ないと不安になってしまいますが、不機嫌であれば便秘の可能性が高いです。

 

大人でもつらい便秘ですから、赤ちゃんのためにもできるだけ早く解消してあげましょう。

 

 

すぐに出来るのはマッサージです


入浴後など体が温まっている時に、やさしく行いますが、オイルやクリームを使うと手の滑りが良くなります。
ひらがなの「の」の字を描くようにやさしくマッサージします。

 

足を持ち上げたりするのも効果的ですが、力を入れたりしてはいけません。
仰向けにした状態で、左右に軽く揺らしてあげると、腸の中にたまったガスが出やすくなります。

 

 

離乳食も


そして、離乳食ですが水分を与える量を増やしてみます。

 

母乳やミルクの時と比較すると、離乳食は水分が減る傾向にあります。

 

食べながら水分が補給できるうどんはとてもいいメニューです。

 

バナナやリンゴ、さつまいもは離乳食を与えてから比較的早期の段階で食べさせることができる食材です。

 

やわらかく茹でることで、食物繊維が豊富なまま赤ちゃんのおなかに届けることができます。

 

ヨーグルトなども効果的ですので、離乳食の段階に合わせて食べさせてみましょう。

 

 

初期の段階ですと、すりつぶしてペースト状にするのが基本です。
にんじんやかぼちゃ、サツマイモなどはすりつぶしても食物繊維が残っているので積極的に活用します。
作るのが大変なので、まとめて作ったものを冷凍しておき、おかゆと混ぜるということもできます。

 


また、発酵食品はおなかのなかを整える効果があります。
納豆は離乳食としても使える素材ですので、活用してみましょう。

 

 

刻んだ納豆の中に、茹でたほうれん草を入れると野菜と一緒に食べることができて便利です。

 

 

便秘になったからといって、離乳食をやめるのではなく解消するためのメニューを考えることが大切です。
麦茶などの水分を持ち歩き、赤ちゃんにいつでも与えられるようにするのもポイントです。