赤ちゃんの汗腺は大人と同じ

赤ちゃんはとても小さいのに大人と同じ数の汗腺があるうえに新陳代謝がよいので、とてもよく汗をかきます。

 

 

その汗をそのままにしておくと皮膚が刺激されて赤いぽつぽつが出来、かゆくなったり痛くなったりすることがあります。

 

すこし赤い程度で、赤ちゃんが気にしていないようならばそのままで、自宅でのお手当で良いのですが、気にいているしぐさをするようならば小児科や皮膚科で診てもらいましょう。

 

赤ちゃんのあせも対策3つのポイント


赤ちゃんのあせも対策としては3つのポイントがあります。

 

@まずは、体を清潔にしてあげることです。

 

毎日お風呂に入れて、刺激の少ない石鹸、ベビー石鹸などで洗ってあげましょう。
すすぎは丁寧に行い、湯船にもいれてあげて、石鹸分を体に残さないようにしてあげることが重要です。
ゆったりとした入浴タイムは親子の楽しいふれあいタイムでもあります。

 

 

Aそれから、衣服は通気性の良い、清潔で肌触りの良い綿素材のものがよいです。

 

よごれたり、汗をかいたらすぐに取り換えて、常にさわやかな状態にしてあげることが大切です。
肌は露出しているよりも1枚布で覆われているほうが汗取りになってあせも予防になります。

 

蒸れがあるとあせもはでき易いので、おむつもまめに取りかえてあげてください。
手首やウエスト、お尻なども蒸れやすいので、タオルでよく水分をふき取って蒸れないようにしてあげましょう。

 

 

Bもうひとつのあせも予防は保湿です。

 

肌がカサカサしていると、あせもになりやすいので、刺激の少ないベビーローション、クリーム等を薄く伸ばして保湿をしてあげましょう。
こういったことに気を付けていればあせもは出来ても軽く済むはずです。

 

今人気が急上昇中のぬくもりミルクローションを知っていますか?

 

まとめ


赤ちゃんは体を動かし汗をかきながら体を発達させていきます。
クーラーなどの空調が行き届いた部屋で静かにさせているばかりでなく、体を思い切り動かせるようなことでたくさん遊んであげることが大切です。

 

汗をかいておうちに帰ったらシャワーで流すと良いです。
そしてきれいな衣服を着せてお昼寝タイムにするといいですね。